金融機関へ就職で350万円程貯金もパチンコ依存症・・・結婚を機に止められた


現在33歳になる私は今から約10年前に大学卒業して、金融機関へ就職しました。それまでのギャンブルといえるものは大学時代サッカー好きが10人くらい集まってJリーグの勝敗を予想するtotoを資金を出し合って購入したくらいでした。大学卒業後、実家暮らしに戻った社会人1~2年目はお金を使うことがなく、350万円程貯金ができたほどでした。

きっかけは上司

金融機関に勤めて3年経つなかで、仕事のアドバイス・悩み・プライベートの相談ができる上司と出会えました。その上司のおかげと私の負けず嫌いさが功を奏して異例の最短での昇進ができました。昇進しても手を緩めず、仕事を頑張っていましたが、多目的個人ローン(車・住宅・教育を除く)のノルマがなかなか達成できず、どうやったら獲得しやすくなるかを上司に相談しました。

その上司から言われたことが、「多目的個人ローンを申し込む人はどういう人が多いと思うか?」という質問に私は「ギャンブルする人」と返答しました。すると上司は「営業はその人に気を少しでも許してもらわないと難しいと入社当初話したが、ギャンブルする人に気を許してもらおうと思うとどういう世間話が一番いいか?」と問われたので、「ギャンブルの話ですかね」とまた返答しました。上司は、「その通り。

ギャンブルの知識を付ける為に今から一緒にパチンコうちにいくぞ。今日はイベント日だから、バイクの後ろに乗せて、ワシントンまで連れってってくれ」と言われ、一緒に行きました。私が住んでいる町は田舎なのですが、パチンコ屋の中はお祭りが行われているみたいに活気に溢れており、気分が高揚しました。二人横に並び「花の慶次」をうったところ、私が10回転もしないうち、大当たりし、継続し収支7万円となりました。上司からは「のめりこまないように」と釘を刺されたのと同時に私自身は勝ち逃げするつもりでした。

警察庁が風営法施行規則を改正、パチンコの出玉を大幅に減らすことになりましたよね。出玉が三分の…

パチンコ依存症

上司とパチンコにいってから、数週間経過した頃、暇を持て余していた時、ふとパチンコにいったときの興奮と感動がフラッシュバックして、あの思いをもう一度と一人でパチンコ屋とむかいました。思い出せないのですが、その時は収支は数千円ですが、勝ちました。それからは、暇があればパチンコ屋へいくという習慣が付き、パチンコの知識も高まり、パチスロにも手を出しました。その甲斐あってか、多目的ローンのノルマも順調にこなせるようになり、上司が言っていたギャンブルの世間話は営業のツールにかなり役立ってます。しかし、私自身もパチンコ店にほぼ毎日いくようになり、仕事で昇進に一役かった負けず嫌いが災いし、マイナス収支のオンパレードになってしまいました。入社2年で350万円貯めたお金がそれから5年間で、月収が増えているのにも関わらず30万円になっていました。その時にパチンコ依存症になってしまっていると感じました。金融機関で大きい金額を扱っており、自分の月収からしたら、大金な10万円も大金と感じず1日で使い込んだりしていました。

”キャンブル依存の深い闇、公務員から犯罪者に転落”というニュースの特集がかなり印象深かったで…

結婚資金を貯めようと決意

そんな私が結婚することになり、パチンコを辞めて、結婚資金を貯めようと決意しました。自分の為ではなく、相手の為だと、パチンコは辞めれるだろうと思っていましたが、なかなか難しく、パチンコ屋にいってはいけないと思っているのに、ついパチンコ屋の前を通りすぎる時に暇だったら、結婚資金を増やそうという考えに変わってしまい入店し、思ったように増えませんでした。

ただ勉強のために株式投資を行っていたものが、ちょうどアベノミクスの煽りを受け、まとまった資金となり、なんとかなりました。そのことを妻は知っており、お小遣いは必要な時にしか渡さないということになってしまい、ギャンブルはいけなくなりました。

パチンコが好きな父親の借金に悩んでいます。私が小さい時からパチンコが好きだったらしく、パチンコをやりたいがために仕事をさぼったりすることも多々あったと聞きます。現在でも、休日は1日十パチンコ店に入り浸るような生活をしています。パチンコが好きな父親...

軍資金がない為1円パチンコ

結婚してからは、本当に行く機会というか行きたいけどもキャッシュカードを取り上げられているし、軍資金がない為、いけないのですが、少しお金があったら、1円パチンコをするようになりました。その1円パチンコでまとまった金額が勝てば、ジャグラーへ移行し、ジャグラーで勝てば、4円パチンコへ移行するというスタイルになっております。

結局、パチンコ屋に全て消えていくんですが…パチンコ依存症は治りそうにないです。ちなみに、月に1回もパチンコ屋にはいってないですが、パチンコ屋へ行った時には、職場が変わったパチンコを教えてくれた上司に必ず会います。なぜなら上司はほぼ毎日いっているからです。尊敬する上司に、私自身の弱い意思を棚にあげてなのですが、パチンコを教えて欲しくなかったと隣の台にならんでうちながら、上司に愚痴を毎回言ってます。

収入が増えるとすぐ何買おうか?どこ行こうか?何食おうか?考えるとワクワクが止まらない人います…

遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。支払いも分割相談可能!全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。多重債務者オススメです。

東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)

逃げずに、今メール相談する勇気を!