年下のバンドマンがヒモ化!浮気され貯金も無くなり法テラスで借金を整理


3年間同棲していた彼氏がいました。彼はバンドマンで、ろくに働いていませんでした。彼と出逢ったのは、スポットで入ってた派遣会社のバイトででした。私は普段は普通の会社に勤めていましたが、土日や連休にたまにスポットでバイトをしていました。だからと言って私に借金があったわけでもなく、逆に貯金をするのが好きなタイプの人間でした。

アルバイト中に熱烈アプローチ

考えて見れば、スポットのバイトで知り合った人が経済的に恵まれている訳はありません。私のように本業があってプラスアルファでしてるような人以外は。バイトの最終日の昼休みに、彼から熱烈なアプローチを受けました。もう仕事が始まってしまうような時間まで彼は粘りました。年齢も離れているし、全く考えられませんでしたが、本当に午後の仕事が始まる時間になってしまったので、それなのに動こうとしない彼から離れて何とか仕事に戻ろうとして連絡先を教えました。すると彼も仕事に戻っていきました。

年下のバンドマンには気をつけよう

連絡を取り合い、その内付き合うようになりました。10歳も年下でバンドマンの彼と。初めのうちは、彼もバイトをしたりして、自分のお金は自分で工面していました。でもその内バイトも辞め、次の仕事を探すでもなく、生活費だけでなく、しだいにバンドの活動費(スタジオ代やらなんやら)やバンドの遠征代など、彼が趣味でやっている事まで私が面倒を見ることになりました。
私も甘かったのですが、“いつかまた働き始めたら返してくれるだろう”と思い、嫌々ながらもお金を出していました。

女性の場合は単に非正規かどうかが問題ではなく、高収入男性と結婚しているかどうかでもかなり差が…

ヒモ男の要求がエスカレート

彼の要求は段々エスカレートし、「新しいベースが欲しい」などと言ったり、「新しい車が欲しい」などと言い出しました。不承不承出しているうちに、他に女がいる事が発覚しました。それで、私から渡されたお金で彼女と遊んでいたのです。私はそれだけは許せませんでした。そんなことがあってからは、洗車代のたかが数百円を払うのさえも嫌になっていきました。

ヒモ男が働く気に?

この頃から関係が険悪になり、これはまずいと思ったのか、彼が仕事を始めました。まず初めは、私が紹介した派遣での仕事でした。面接に行くのにスーツが無い、というので、働いてくれるならいつか返してくれるだろう、とまた甘い考えで、スーツからシャツからネクタイ、ベルト、靴まで一式揃えて数万円かかりました。しかし、数万円かけて後押しした仕事も1ヶ月ほどで辞めてしまいました。

それから数日、彼は臥せっていましたが、今度は自分で見つけてきた仕事に就きました。少人数の会社で家からも近く、彼も気持ちよく働いているようでした。しかし、まだまだ自分の身の回りのことで精一杯で、私にお金を幾らかでも返してくれるような考えは無いようでした。でも、彼にも心の余裕ができたのか、とても穏やかになり、私の出勤時や仕事帰りに駅まで車で迎えに来てくれたり、仕事終わりには必ず連絡をくれて、「今どこにいるの?」と聞いてきてくれるようになりました。この時期が、一番穏やかな時間だったかもしれません。

彼氏の借金で悩んでおられる彼女さん多いですよね。男は若い時は稼ぎがないのに自分を大きく見せよ…

いよいよ私の財政面がピンチに

それまでは、私の月のお給料と貯金を切り崩してなんとか生活できていたんですが、段々と私の財政面もひっぱくしてきました。そうなると、私の精神面はカリカリしてくるし、お金の算段ばかりが気になるし、で、ちょっとしたことでもイライラとするようになりました。

そんな時、彼のもう一人の彼女の存在がちらつく様な発言を彼がするだけで、私はキーキー声を上げるようになりました。「バンドの練習に行く」、と言われれば、“彼女の所に行くんじゃないだろうか”といぶかったり、「今度バンドで遠征に行く」と言われれば“彼女のところに泊まるんじゃないだろうか”と考えたり。私の方が、どんどんとおかしくなっていきました。幸せな期間はほんの少ししか続きませんでした。

婚活女子が相手の男性に希望する年収は年々下がってきていると言われていますよね。今は400-5…

結局法テラスに行って借金を整理

バンドマンのヒモ男との生活で、貯金が数百万円あったから鷹揚に構えて暢気にしてた私の貯金は、いつの間にか底をついていました。でも生活しなければなりません。贅沢はしなくても、毎日の生活費は必ずかかってきます。いつしか私は消費者金融からお金を借りて、自転車操業のように生活を維持していきました。

そんな私にも限界がきました。私の借金の事を彼に打ち明けました。泣きながら。すると彼は驚き、私をそっと抱きしめてくれました。でも、借金を一緒に返してくれる、という提案は彼からは出てきませんでした。その後、私もお金のことで頭が一杯になり、常にカリカリし、そんな私を彼は避けるようになりました。そうなったらもう上手くいくはずはありません。私は、夜逃げのようにこっそりと家を出て、私のお金で買ったものは全て持ち出しました。数万円したスーツも靴も、全部燃やしました。さすがに車は持ってこれませんでしたが。私の用意した冷蔵庫、その他家電製品、すべて持ち出しました。彼は何も無い部屋で目を覚ましたでしょう。

その後、一人暮らしになった私は、昼間の仕事以外に深夜の仕事(水商売ではない)も掛け持ちで借金を必死に返しました。その間、彼には「お金返して」と何度も電話をしたけれど、1円たりとも返してくれませんでした。ダブルワークしていた私は疲労で倒れ、ダブルワークは無理になり、結局法テラスに行って借金を整理するはめになりました。いろんなことがボロボロになりましたが、いつかは働いて家にお金を入れてくれるだろうと信じていた私が馬鹿だったんでしょうが、いい勉強になりました。

借金をどうにかしたいけど債務整理するお金もないから・・・と諦めている方多いのではないでしょう…

遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。支払いも分割相談可能!全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。多重債務者オススメです。

東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)

逃げずに、今メール相談する勇気を!