子供の教育資金がない!奨学金に頼らず大学を行かせることはできるのか?


子供が小さい時は、専業主婦だったママ友たちも、小学校高学年くらいから、ほとんどパートに出るようになりました。

というのも、やはりかかり始める教育費の問題です。それまででも習い事などで教育費は、それなりにかかっていたものですが、塾や予備校という名前が付くとその月の分の生活ができてしまうくらいにお金が飛んでいきます。なんとかしてこの時期を乗り越えたいものですが、なかなか難しいところです。そんなところお話します。

一人っ子と兄弟のいる違い

我が家の子供は2人で、3才違いです。この3才違いというのは、兄弟としては丁度いいのかもしれません。ですがすべてにおいて出費が一度にやってくるとなるとかなり大変です。下の子が中学に入った時から中学校、高校と同じになります。入学金も2倍、制服代も2倍、とにかくなんでも同じように倍かかるようになります。そして高校生になると定期代。などなど学校関係でかかる金額だけでもすごいことになります。

私はお金を稼ぐと言うか、労働の対価と言うか、そういう考え方がうまく働かないので困っています。自分では、学生の頃に下宿していた親戚のおばが原因だと思います。叔母は母の妹で、もちろん家からは下宿代をきちんと払っていましたが、そのことを母は他の人に言っ...

学校だけではない、塾代

中学生になったからと言って、一人で学校の勉強ができるわけもなく、さらに上の子は、大学受験で予備校に通うことになります。その金額がそれぞれの学校の授業料と同じくらいです。しかも夏期講習などは「海外旅行に行かれる」とくらいの金額になります。

よそのご家庭と比較することは、できませんが、こんなに教育費にお金がかかっていて、みなさんがそれを出しているということがたまに不思議になります。しかも予備校に行くと言うことは将来的に大学に行くためのお金も必要です。

結婚生活は末長~いので、ときに夫に言えない秘密を抱えてしまう妻もいるのではないでしょうか?夫…

その私がパートに出ない理由

このまま生活していても、いつか破たんするのではと思い「パートに出ようか」と考えたこともあります。それで近所で張り紙のある求人広告をみたりもしました。そして家にいる週末に主人に「パートに行こうかな」と言ったことがありました。そうしたましたところ、主人から「パートにでるのは、いいけど疲れて帰ってきたら、何もできないし、せっかくもらったパートのお金でいろいろ買いたいでしょ?そうしたら、結局パートに出ても家計的には意味ないじゃない?このままでいいじゃない?」と頭の中の計算がはじかれて、そのまま家にいます。

そしてもう1つは、主人が単身赴任中で、子供の具合が悪くなったとか、なにかトラブルがあったとかそういった際に大人が全くいないというのが気になっているようです。親戚もこの地域にいないので、大人は私が1人です。なので、何かあった時のために家にいた方がいいと思っているようです。

女手一つで育ててくれた母親に仕送りをしながら、つましい生活を送っていた保育士の女性(25)は…

欲しい物を通販にする

少しまえなら、欲しい洋服などを買いものに行って買うことが支流でした。ですが、最近は通販でどこのサイトでも買うことができます。そうなると買い物にいってご飯を食べて、車を出してという付帯するものがなくなります。それで生活費そのものが増えることなくできていると思います。教育費は削れない。けれどこういったことは削れます。

あと下の子が大学を卒業するまでには4年かかります。その4年をなんとか切り抜けることができればと思っています。とはいっても近頃の私立大学の授業料の高さには驚きます、それを毎年だすことができるのかが気になりますが、主人が奨学金は使わない。借りるとしたら子供ではなく自分の方でローンを組むといっています。さすがにニュースなどで取り上げられている奨学金の総額を見ると10代の子供が背負える金額ではないようなきがします。

奨学金と住宅ローンの返済が重いと、その他の部分で本当に無駄使いをしていないのか自分でも不安に…

脅しと本気

我が家の財政は、こうだから「浪人はできない」とずっと言い続けてきました。これがプレッシャーになっているならさすがに申し訳ないのですが、実際に出せるお金がないので本音です。その気持ちをもって頑張って欲しいとも思っています。そして本当は、買い物に行っていない時にでも「ちょっとピンチで」と言ってごまかします。どこまでこちらのことをかんがえてくれているかは、わかりませんが。

最低生活コストは誰しも基準となる数字があると思うのですが、地方に住んでも意外と皆高いですよね…

最後に

子供が高校や大学の時期に一番お金がかかる時期です。小さな頃に教育資金として貯めていたお金は、もうとっくの昔になくなっています。そして私がパートで少しのお金を持ってきたとしても、それは塾の一科目の授業料にさえならないという事実があります。そうなるともう、私は家に引きこもって、交際をやめてひっそりとくらしているしかないようです。

人生ピンチの時に何らかの相談ができる人が身近にいる人は、難局も乗り越えられる可能性も高いとい…

遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。支払いも分割相談可能!全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。多重債務者オススメです。

東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)

逃げずに、今メール相談する勇気を!